このページを印刷する

弁護士紹介

元田 秀治(もとだ ひではる)

登録年 1973年(昭和48年)
所属弁護士会 東京弁護士会
出身大学・職歴 慶應義塾大学経済学部卒業、住友海上火災保険株式会社勤務、慶應義塾大学法学部法律学科学士入学卒業
出身地 東京都
主な取扱事件 会社取引に関する事件、会社内の労務事件、相続事件、離婚事件、土地建物取引事件、建築紛争事件、刑事事件その他
著書 弁護始末記9「証拠のない裁判」
『損害賠償額算定解説事例集』(共著)新日本法規出版
『問答式 不動産有効利用の法律と税務』(共著)新日本法規出版
『問答式 ビル賃貸借・管理の実務』(共著)新日本法規出版
編集 『問答式 不動産有効利用の法律と税務』(共著)新日本法規出版
『問答式 ビル賃貸借・管理の実務』(共著)新日本法規出版
経歴 東京弁護士会副会長、日本弁護士連合会常務理事、現東京地方裁判所民事調停委員、現日本法律家協会理事
自己紹介 法律に関する問題は全くビジネスそのものの問題から、相続・離婚など個人的な感情や家族・兄弟間の感情問題、刑事事件など実に幅が広く、私たちはこれらのひろい問題に対して問題に見合った適切な対応と顧客に対する人間的対応が必要だと思っています。ただどんな問題でも依頼者は当事者としては深刻な問題ばかりですから、まず一番に依頼者の方々の話を親身になって十分良く聞いて、その望んでいる解決、一緒になってできうる解決方法を探り、納得のいく方法を探し当てて、これに全力を尽くすことだと思っています。解決ができて、依頼者の方々の新たなファイトが出てきたり、人が変わったように明るく元気になったお顔を見ることは職業冥利に尽きます。

 

重 隆憲(しげ たかのり)

登録年 1998年(平成10年)
所属弁護士会 東京弁護士会
出身大学 東京大学卒業
出身地 千葉県富津市
著書 『問答式 不動産有効利用の法律と税務』(共著)新日本法規出版
『問答式 ビル賃貸借・管理の実務』(共著)新日本法規出版
『パブリシティ権』(共著)財団法人経済産業調査会
『事例別 実務行政事件訴訟法』(共著)弘文堂
略歴 昭和45年生
平成元年3月 千葉県立木更津高校卒業
平成7年3月 東京大学法学部卒業
平成7年11月 司法試験合格
平成8年4月 司法研修所入所(50期)
平成10年4月 弁護士登録(東京弁護士会)
平成10年4月 元田法律事務所入所
平成13年3月 日本弁護士連合会代議員
平成13年4月 東京弁護士会常議員
平成16年4月~平成20年3月 淑徳大学兼任講師
平成18年8月~至現在 株式会社TKP監査役
平成19年4月~平成25年3月 中央大学法科大学院兼任講師
平成25年4月~至現在 中央大学法科大学院客員講師
平成28年4月~至現在 東京地方裁判所民事調停委員
自己紹介 中小企業や個人が日常的に遭遇する様々な法律問題について、広く取り扱っております。紛争の解決にあたっては、お客様と十分な時間をとって打ち合わせを行い、協同して最善の解決を目指しております。また紛争の解決にあたってはお客様の納得が何より大切です。丁寧な相談と事件処理をモットーとしてります。弁護士というととかく敷居が高く、ついつい臆してしまって相談の際に十分に気持ちを伝えることができない方もいらっしゃると思いますが、身近で親しみやすいことを心がけております。またご相談のお時間についても、お客様の状況に応じて、夕方お仕事帰りの時間帯など、柔軟に調整致します。

このページのトップへ